- 社員を知る -MEMBER

新人インタビュー

1年目から”誰かの役に立っている”と実感!だから2年目は“もっと成長したい”と前向きになれます。

興味を持ったのは“不動産会社なのに家を売らない会社”だから

平野今日は、入社2年目のお2人に仕事や会社についてざっくばらんに話してもらえればと思っています。まずは、2人がイデアルコンサルティングを選んだ理由から教えてください。

石毛はい、私は不動産業界に絞って就職活動をしていました。その中でイデアルコンサルティングに決めたのは、ただ単に物件の「売買」をするのではなく、「不動産の問題で困っているお客様をサポートする」という事業内容に興味を持ったからです。また「お客様を第一に考えて行動する」という会社の方針に共感したのも、入社の大きな理由です。

石附私はイデアルコンサルティングに出会う前、実はホテルを運営する会社から内定をもらっていたのですが、内定をもらっていたのが早い時期だったこともあって、「人生に一度の就活だし、他の企業も見てみよう」と、就活を続けました。

平野石附君がイデアルコンサルティングに興味を持ったのは、どんなきっかけだったのですか?

石附それは石毛君と同じで、「不動産会社なのに、家を売ることがメインではない」というところから興味を持ちました。事業の話を詳しく聞いても、正直ピンとこなかったのですが、だからこそ「どんな仕事ができるのだろう?他ではできない経験ができるかも」と、想像力をかき立てられて「やってみたい」と思えました。

分からないことだらけでも、頼れる先輩や上司がいつもそばにいました

平野では、次に2人が入社してからの話を聞かせてください。仕事はどうやって覚えていきましたか?研修はどんな感じでしたか?

石毛私は入社以来、行っているのは税理士の先生方への受注営業です。
具体的には、当社提携先や全く新規の税理士事務所にアポイントを取って訪問し、当社で手掛けた問題解決事例などをご紹介しながら不動産に関する問題を抱えた方をご紹介いただけるよう、地道な営業活動を行っています。
また税理士会や各事務所内での研修にて、講師をさせていただく提案をするなど、当社をより多くの先生方に知っていただくための提案営業も行っています。
入社後1ヶ月は、先輩や上司の方に同行して税理士の先生を訪問させていただいていました。でも最初の頃は先輩や上司と税理士の先生が会話している内容を聞いていてもなかなか自分には理解できず、「本当にやっていけるかな…」と不安も感じましたね。

平野でも以前と比べると、石毛君はだいぶスムーズに話せるようになったよね。

石毛先輩から税理士の先生やお客様とのコミュニケーションの取り方など、多岐にわたって指導をいただいたので、徐々に慣れてきたからだと思います。あとは当社の解決事例を紹介するツールを用いた説明がきちんとできるように、毎日自分で振り返りができたのも、自信に繋がっていったと思います。

平野そういえば、石附君も入社時はコンサルティング事業部だったよね。

石附はい、今は営業事務の担当ですが、入社してしばらくは営業をやらせていただきました。入社して2ヶ月ほど経った頃に、社内で営業事務を新たに募集するというお話を聞いて、自ら志願しました。
今メインになっているのは、物件を入札という手法で売却する際の、情報を統括する仕事です。不動産の売却を依頼されているお客様のうち、情報公開を望まないお客様や、個人では買えない大きな土地を売却する際に、少しでも高く購入できる方を探すのですが、お客様のためにこういうフェアな方法があったのかと、目からウロコでした。
コンサルタントが各自で行っていた入札を私が統括することで、全体の生産性を高めることができ、マーケット動向を把握、報告しやすくなりました。

平野営業と営業事務の両方を経験してみて、何か感じることはありましたか?

石附最初の印象は、書類や確認事項もすごく多く「思っていたよりも大変だった」ということです(笑)。でも営業の時と比べると、今は社内のさまざまな会話が耳に入ってくるので、視野が広がった気がします。「ああ、●●さんが言っているのは、こういうことかな」「それなら次にあの資料を用意した方がいいかな」とか、周囲の状況を把握しやすくなったので、先読みした行動ができるようになりました。

平野石附君はよく気が付くし、積極的に手伝ってくれるって、みんな言っていましたよ。

石附平野さんがいつも近くでフォローしてくださるおかげです。いつもありがとうございます。おかげさまで入札業務も慣れて、良い価格で成約したというお客様からの感謝の声を聴くことができて、頑張ってよかったと思っています。

"頼られている”という嬉しさが、自己成長のモチベーションに

平野これまで仕事をしてきた中で、一番嬉しかったことや印象に残っていることを教えてください。

石毛昨年の7月頃、初めて税理士の先生にお客様をご紹介いただいた時ですね。私たちの仕事は、税理士の先生からお客様をご紹介いただくことからがスタートです。つまり先生方に「この人になら大切なお客様を預けてもいい」と思っていただくためには、信頼関係を築くことが大切なんです。最初は、税理士の先生と何を話していいかわからない状態からのスタートだったので、「紹介したいお客様がいるんだ」とお声がけいただいた時には、本当に嬉しかったです。

石附私が嬉しく感じるのは、何をしても「ありがとう」と感謝されることが多いことです。書類の作成や整理といった、自分にできる範囲のことでも、確実に対応することで「会社に貢献できている」と実感できるのは嬉しいですね。でもまだ慣れないこともあり、失敗やミスを繰り返してしまうこともあります。それでも、変わらずに私を信じて仕事を任せてもらえるのはありがたく思いますし、信頼されているからこそ、「もっと成長したい」と前向きな気持ちにもなれます。

石毛たしかに、入社する前は、新人の頃からこんなにも活躍の機会が与えられるなんて思ってもみなかったよね。

石附その一方で、仕事を丁寧に教えてもらえるし、ミスした時にはフォローしてくれる態勢もあるから、「頼りにされている」ことへのプレッシャーを過度に感じないでいられるのもありがたいよね。

まずは “あいさつや気遣い”の徹底から、プロ意識を磨きます

平野これから自分自身で頑張っていきたいことや、今の目標があれば教えてください。

石毛先輩や上司からは、日々営業としての姿勢や考え方などあらゆることを教わっていますが、まだまだ先輩達との営業マンとしてのレベルの差を感じます。しかしだからこそ、今の自分にできることから徹底しようと、まずは「あいさつ」を丁寧に、元気よく行うようにしています。簡単なことでも、あいさつは相手への第一印象を決める大事な要素。毎回あいさつには心を込めて、日々の姿勢や心掛けを大切にしながら、プロのコンサルタントとして税理士の先生やお客様の信頼を獲得していきたいと思います。

石附今はまだ目の前のことで精いっぱいではありますが、目指していきたいのは社員の皆さんを社内から支える「サポートのプロ」です。目の前の事象への対応だけではなく、「今の仕事をどのように動かしたら、よりスピードUPできるか」「どうしたら営業の方たちが今よりも仕事がしやすくなるか?」といった視点で、仕事の流れや仕組み作りにも、アイデアが発信できるようになりたいですね。

平野2人ともそれぞれポジションは違うけれど、「向き合う相手に貢献したい」という思いは一緒なんですね。

「後悔しないためには、データよりも “思い”や“縁”が大切です」

平野現在就活している学生に向けて、メッセージをお願いします。

石毛いまは就活サイトやSNSなどさまざまなメディアでいくらでも情報収集ができますが、「実際どんな人と一緒に働くのか?」「どんな思いを共有できるのか」といったことは、実際に働いている人にお会いして、話を聞かなければ分かりません。私はイデアルコンサルティングの「お客様を第一に考えて行動する」という方針や想いに強く共感して入社を決めましたが、入社して1年が経った今、「もっとよい方法や提案はないか」と、お客様のために奔走している先輩や上司を見て、「やっぱりこの会社を選んでよかった」と改めて思っています。後悔しないように、本当に自分に合う会社に出会うためには、できる限りたくさんの企業に興味を持ち、たくさんの人に会って話を聞くことが大切だと思います。

石附自分がこの会社を選んだのは、大きな「縁」のようなものを感じたからです。すでに1社から内定をもらっていたものの、再度活動を始めた時にたまたま出会った企業がイデアルコンサルティングでした。それまで不動産会社は視野に入れていなかったのに、話を聞けば聞くほど「こんな会社があったのか!」とどんどん興味がわいたことを今でも覚えています。偶然の出会いはどこにあるか分かりません。だからこそ、最初から希望の業種や仕事内容を絞りすぎずに、広くアンテナを張って活動することが大切だと思います。

平野最後に、1年間働いてみて見えてきたイデアルコンサルティングのおすすめポイントがあれば教えてください。

石毛不動産についてはもちろん、法律についても本当に幅広く学べるので、知識欲や好奇心が強い方であれば吸収できることが沢山あると思います。それに、新人のうちから税理士・公認会計士の先生方と直接お話しできる仕事ってなかなかないと思うので、イデアルコンサルティングに入社してなかったら、学べなかったことが沢山あると思います。

石附あとは、本当に「みんな人柄がいい」ということですね。一人一人の顔と名前が分かるくらいの組織規模だからこそ、みんなで新人を育てていこうという気持ちがすごく伝わってきます。部署や役職の枠を越えて、全員がサポートし合う風土があり、わからないことも遠慮なく聞けるフラットさもあるので、仕事も身につきやすいと思います。きっと少しでも早く仕事を覚えて一人前になりたい!という思いのある人にもおススメできると思います。

平野今日は忙しいところ、2人ともありがとうございました!

  • コンサルティング事業部 営業
    趣味:ロードバイク
    石毛 佑典
  • コンサルティング事業部 営業事務
    趣味:映画鑑賞
    石附 郁哉
  • 総務人事部 人事担当 平野 沙織